擁壁解体からの駐車場増設工事4

☆。,:・゚こんにちは、創園舎の周防寿一です゚・:,。☆
今回はついにM様邸外構工事の完成の様子をご紹介させていただきます
ビフォワー&アフターを含めご覧ください

●全景1 after←before
駐車場(after)   駐車場(before)
●全景2 after←before
正面アプローチ(after)   正面アプローチ(before)
施工前と後では全く違った景色になりました
擁壁花壇や高木がなくなりすっきり車ももう一台駐車可能になりました。

●化粧ブロックとピンコロ石が蹴上アプローチ階段と機能門柱
機能門柱(LIXIL)
アプローチ階段に150角のデザインタイルを埋め込み、うしろの擁壁にはM様が御旅行先で購入されたタイル貼り付けました◎階段の上り下りが楽しくなります
機能門柱はLXILのウィルモダンスリム(門扉:プレスタ4型・表札灯付き)

●ラティスフェンスのオーナメントと立水栓
ラティスフェンス
「既存アプローチ階段の解体面を隠す事」と「駐車場を華やか」にするため、ラティスフェンスを擁壁にもみ付けましたしっかり固定ましたので、プランターのハンギングも出来ます
以前は無かった立水栓を目立ず使いやすい位置に設置。洗車も楽になりますね

●手すりの設置(既存アプローチ階段)after←before
LIXIL手すり  アプローチ階段(before)
既存のアプローチ階段にも手すりを取り付けました◎
朽ちた木製の天端笠木はコンクリート製の笠木に取り換えました。

M様邸のリフォーム外構工事ご紹介は以上です。
施工前と後では印象だけでなく機能面でもとても使いやすく変わりました
M様と同じような造成地にお住まいで駐車場拡張をお考えの方の良い参考例としてご提示させていただけるのではないかと思います

当地域の造成工事を請け負った会社や市と相談をしながら外構の計画をすすめましたので、M様には計画やお見積りのご提示が通常より少しお時間いただきました。またM様には都度、貴重なお時間を割いていただきありがとうございます。
またお家周りの造作にお困りごとがございましたらお気軽にご相談下さい