カテゴリー別アーカイブ: 田口先生のコラム

「極上コラム」プロローグ&ウッドデッキ

こんばんは、エクステリアとガーデンの創園舎です。今回は弊社顧問でもございます
田口 進先生のお庭コラムをお伝えしていきます。
ワンポイントの工夫が「極上」のお庭にする。その工夫にどう至るかを考察する「極上」コラム。まずは、田口先生よりの「極上コラム」・プロローグより・・・
エクステリア・造園での「損をした」「得をした」とはどのような時に思うのでしょう。
「安くついた」というのも得をした事実ですが「うまく考えられている」「使いやすい」
という得もあります。「安くついた」というのはその時の一時的なものですが、エクステリア・造園は何十年に渡って使うものですから長い目でみれば「うまく考えられている」「使いやすい」という得の方が上だと思います。
「安くついた」・「うまく考えられている」・「使いやすい」これらが一緒になれば最高ですね。これから、この「極上」を何回かにわたってお伝えしようと思います。

続きを読む

坪考察

こんばんは。
創園舎の“ご意見番”こと、田口です。
今日は “坪庭” について語りましょう。。。
私は生まれてからずっと京都に住んでいます。
京都に住む人間として京都の暑さ寒さには
閉口してしまいます。
子供の頃の思い出ですが
冬は手水鉢に毎日氷が張ったり
冷え込んで家の柱が夜中にギシギシと
音がしたのを覚えています。
鴨川の上流が凍りついたこともありました。
当時は今のような暖房機はありませんでしたが
火鉢・コタツ・ふとんをかぶるなど・・・
なんとか寒さをしのいでいたものです。
しかしやはり京都の寒さは別格。これから逃げることはできません。

続きを読む

漢字のちから。

こんばんは。
創園舎のご意見番こと田口でございます。
ついこの前桜が咲いたかと思えば
もう目の前に梅雨がやってきております。
早いものですね。
さて、今日は
今新緑の緑をたたえている
樹木についてお話しましょう。

続きを読む

登龍門

こんばんは!
創園舎の知恵袋こと田口です。
今回はよく耳にする言葉『登龍門』についてお話しましょう。
この時期、綺麗な桜の花が春の訪れを感じさせてくれますが
京都は嵐山の『天龍寺』の桜も見頃です。
この見ごろの桜が笑っている手前に大きな池があります。
池の奥には古い石で滝が組みあげられています。
作庭者は室町時代の禅宗の高僧『夢窓疎石』と言われています。

続きを読む