カテゴリー別アーカイブ: 寿一ブログ

玄関ひさしの設置(大阪市)

今回は大阪市内にお住まいのT様御宅の玄関ひさしの設置をご紹介致します

T様御宅に設置させていただいたひさしは「テラス屋根:LIXIL スピーネ ルーフタイプ」です。
エントランス上部のバルコニーがすでに雨よけになっており、ルーフタイプを設置する事で雨よけの面積をさらに広げる工事です
このような目的でバルコニーにテラス屋根をご希望される方は沢山いらっしゃるのではないでしょうか。
しかしながら、設置には条件がございますので下記を参考にご検討下さい

●after
バルコニー設置屋根
バッチリ綺麗に設置できました

●before
バルコニー設置屋根

●バルコニー設置下地
バルコニー設置下地
テラス屋根を設置する場合、テラス屋根の留め金内部の躯体(桁や柱)に留める必要があります
しかしながら、バルコニーは両際の柱以外、その中間や決まったピッチに柱があるわけでなありません。桁もどの高さにあるかはお家を建てられた工務店様しか分かりません
今回はバルコニー下の照明を取り外し、桁の位置(青く囲んだ位置)を確認し、設置致しました。
これからバルコニーにテラス屋根をひさしとして設置をご検討の方は上記の点をご考慮下さい。

T様には設置に於きまして、ご説明に少なくないお時間を頂きましてありがとうございました

Uスタイルアゼストプレミアム設置工事(宝塚市)2

それでは前回に引き続き、兵庫県宝塚市にお住まいのS様御宅のカーポート工事をご紹介致します

ご紹介中のカーポートは「Uスタイルアゼストプレミアム」
S様御宅の既存の外構にプラスする形での設置です。
今回は施工完成まで一気にご紹介いたします

●つり屋根フレーム
アゼスト施工h アゼスト施工g
アゼストでも「プレミアム」はフレームが木調になります。
あばら骨状のような形をしたものは屋根材(ポリカ板)を受ける垂木です。
こちら仕組みは通常カーポートと同じです。

●天井材と採光パネル
アゼスト採光パネル
天井材の張り込み完成‼
オプションの採光パネルの納まりがスッキリとしていて良いですね。
アゼストの採光パネルを真近から紹介している画像はあまり見当たらないので、
(三協アルミさんHPにもない…。)ご参考にいただければ

●施工完成
Uスタイルアゼストプレミアムb
Uスタイルアゼストプレミアムa
玄関ポーチの木調縦格子の高さを考慮し、アゼストの屋根の高さをちょうど良い高さにしました
フレームの色と建物のスリット窓枠が同色なので、縦横の交差が立体的でカッコいいです
建物を建てる時に最初から計画されていたかの様な、高級感あるファサード(建物正面外観)が完成しました。
Uスタイルアゼストプレミアムは単なるカーポートでは無く、工夫次第で既存の建物のデザイン性を高める重要な建築物だと実感しました

Uスタイルアゼストプレミアム設置のご紹介は以上になります。
施工をご依頼いただきましたS様、弊社に施工をご依頼頂き誠にありがとうございました

Uスタイルアゼストプレミアム設置工事1(宝塚市)

今回は兵庫県宝塚市にお住まいのS様御宅のカーポート工事をご紹介致します

S様御宅に設置させていただいたカーポートは「Uスタイルアゼストプレミアム」。
既存の外構にプラスする形での設置です。
リフォームでのカーポート設置はよくありますが、「Uスタイルアゼストプレミアム」を後設置する事例は少ないではないでしょうか
後設置のカーポートが建物をのデザインをより引き立てた成功例です。
カーポート(特にUスタイル)の設置をお考えの皆様は是非、下記記事をご覧ください。

●Uスタイルアゼストプレミアム(before)
アゼスト施工ビフォー1
アゼスト施工ビフォー2

続きを読む

台風被害とリフォーム外構工事

☆。,:・゚こんにちは、創園舎の周防寿一です゚・:,。☆
今回は池田市にあるY様邸の外構工事のご紹介をさせていただきます

Y様はご要望は、昨年の台風の影響で壊れたブロック塀とフェンスの替わりに、背の高い目隠しフェンスと門塀を設置する事でした

●倒壊したブロック積みの基礎


倒壊した既存のブロック
・普通アンカーを使用し、鉄筋を80㎝間隔で立ち上げるている。
・ブロック3段積みの上、1.2mの高さの目隠しフェンス。

■創園舎が施工するとすれば
・ケミカルアンカーを使用し、40㎝間隔で鉄筋を立ち上げる。
・ブロックは2段積みで抑え、1mの高さの目隠しフェンス(風の抜けのあるルーバー型)。

創園舎ではブロックがフェンスが受ける風圧や自重に耐えうるために、構造に関しても十分な安全を心がけております

けれど、これではフェンスやブロックの高さが低く、目隠しの機能をしません
Y様のご希望はあくまでH1800m以上の目隠し。

どのようなプランをご提案するか…ここはプランナーの腕の見せ所です

次回は工事中のご紹介をさせていただきます◎